鵬玉会
 宗家紹介
 会長紹介
 鵬玉会
   財団法人無外流
 
   会員専用ページ
 
   
HOME > 鵬玉会 > 宗家紹介



財団法人無外流の代表理事を務める、一門の長、宗家新名玉宗
(現在の武号)




本名、新名豊明(にいなとよあき) 武号 玉宗(ぎょくそう)


修養時代
1948
(昭和23)年102日大分県津久見市生まれ、
64歳。若年の頃より合気道を始めとする各種武術を学び、
二十代の時、神道夢想流杖道と無外流居合兵道の師に出会いました。

その後、三菱重工業株式会社に勤務するかたわら、
全三菱合気道同好会の中で武道の研鑽を積み、
86
年、同会において杖道、居合道の指導者に就任。

財団法人無外流、傘下15団体一門の長として
87年、39歳のとき東京都杖道連盟を創設。


▲免許皆伝から継承の証まで。こうやって武道は受け継がれていく


杖道と居合道の一般への普及に着手しました。
94年には同連盟の居合修道者を中心に
武道教授団体吹毛会を設立。
その後、吹毛会を関東居合道連盟等の15団体に分割し、
07年にNPO法人無外流を設立。

08年に財団法人無外流を設立し代表理事に就任。
現在は、無外流明思派の運営委員会会長等を務めています。

関東最大、無外流明思派宗家
無外流居合兵道の修道者としては86年師範、96年免許皆伝
98
年範士、99年宗家継承(無外流明思派宗家の名乗りは2004年から)。
他に東征流短杖護身術宗家、玉心真刀流宗家、神道夢想流杖道、内田流短杖術、一心流鎖鎌術、一角流十手術、中和流短剣術各範士八段。

▼元禄6年江戸に始まった居合の流派が今世界に


次ページ>>> 無外流居合に興味があるあなたへの宗家からのメッセージ

宗家紹介 宗家紹介2 無外流居合とは 鵬玉会について 入門案内 夢録 メールマガジン メディアの方へ