鵬玉会は各地で学べます
鵬玉会
 宗家紹介
 会長紹介
 鵬玉会
   財団法人無外流
 
 
 
   
HOME > 鵬玉会 > 鵬玉会について > 鵬玉会について2


▲新選組三番隊隊長斎藤一をその流派の大先輩にもつ鵬玉会は、
天然理心流九代目宗家宮川清蔵勇武先生(近藤勇局長ご遺族)の
勇武館とも仲良くさせていただいています。
これは新選組が宇都宮戦争で実際に布陣した二荒山神社で演武したときのもの。



無外流を修めるその先に武士道があ


鵬玉会は全国各地に支部があり、各地で学べます。
また、鵬玉会は無外流明思派の一門のため、
その明思派一門の組織は東京都内のいたるところに稽古場所があり、
全国各地にもあります。
鵬玉会所属として、どの稽古場所でも稽古可能です。

それでは、稽古内容についてご説明しましょう。

▲最近の研究では新選組三番隊組長 斎藤一は無外流だったという説が有力になっている。谷三十郎、武田観柳斎をはじめ、新選組で暗殺が必要な場面に、抜き打ちの初太刀で勝負を決める居合の使い手がいた、と想像することは夢がある。





1) 稽古をする武道

無外流居合兵道


2)
 稽古内容

 形
 
座技  
 五用(ごよう) 真(しん)・連(れん)・左(さ)・右(ゆう)・捨(しゃ)
 五箇(ごか)  水月(すいげつ)・陰中陽(いんちゅうよう)・陽中陰(ようちゅういん)・響返し(ひびきがえし)・破図味(はずみ) 
立ち技
 五応(ごおう)  胸尽し(むなづくし)・円要(えんよう)・両車(りょうぐるま)・野送り(のおくり)・玉光(ぎょっこう)  
 走り懸かり
 (はしりがかり) 
前腰(まえごし)・夢想返し(むそうがえし)・廻り懸り(まわりがかり)・右の敵(みぎのてき)・四方(しほう) 
他内伝5本、奥伝3本 
 組太刀
 
剣法  
 太刀打之形 北斗(ほくと)・太白(たいはく)・稲妻(いなづま)・霞(かすみ)・流星(りゅうせい)
  獅王剣(しおうけん)・翻車刀(ほんしゃとう)・神明剣(しんみょうけん)・水月感応(すいげつかんのう)・玉簾不断(ぎょくれんふだん) 
 脇差之形 切留(きりとめ)・突留(つきとめ)・受流し(うけながし)・切上(きりあげ)・位詰(くらいづめ)
剣術
 神道流剣術 相寸(あいすん)・相寸/逆(あいすん/ぎゃく)・鷲(じゅ)・左輪(さりん)・乳拂(ちばらい)・受返(うけかえし)・二刀合(にとうあい)・擦込(すりこみ)
受流(うけながし)・咽中(いんちゅう)・三受留(みうけどめ)・突出(つきだし)  

▲形や組太刀も、合理的で基本に則った指導で行います。
だから武道経験がなくても老若男女問わずできるようになります。
緊張しながらいらっしゃった体験者が「楽しかった!」とおっしゃいます。



 試斬

▲一門ではこの座技横一文字ができて初めて認められます。


▲鵬玉会の指導は合理的。武道体験もない女性が一年半でここまで美しく斬れるようになります。


▲会長を除いては、皆武道体験がなかった人たちです。




あなたにもできるようになります。



次ページ ...>>> 稽古を通じて得るものは

宗家紹介1 宗家紹介2 鵬玉会の宗家紹介 無外流居合とは 鵬玉会について 入門案内 夢録 メールマガジン メディアの方へ

無料カタログ・無料体験のお申込みはこちらから


Copyright(c) 2017 東京・関東150箇所/栃木・宇都宮長野・上田京都・東山・山科福岡 天神・千代町・室見熊本 近見・大津

無外流居合 鵬玉会 All rights reserved.