入門案内
 検討する方へ  サムライ体験
   会員の声
 入門・問合せ
 無料カタログ請求
   
 
 
 
   
上記の様子は、鵬玉会会長が福岡に戻り、稽古指導していたときの様子です。


HOME > 鵬玉会 > 入門を検討する方へ > 稽古場所 > 福岡市博多区千代町稽古場所

財団法人無外流 福岡市博多区千代町稽古場所 

かつて鵬玉会が福岡県福岡市博多区千代町稽古場所として使用させていただいたのが、財団法人無外流一門の稽古場所、福岡市民体育館です。
2015年4月に鵬玉会は赤坂道場を用意しましたので、鵬玉会会長や、丸山支部長がこちらで指導することは無くなりましたが、今も財団法人無外流会員団体の稽古は行われています。財団法人無外流の会員団体であれば稽古可能なので、都合によってはこちらに参加することは可能です。

関東最大級の古流居合、無外流明思派。その宗家新名玉宗の通いの内弟子のように個人指導を受けてきた武田会長と、居合道会国際大会準優勝二回を誇る丸山支部長を擁しているのが、鵬玉会福岡支部です。

鵬玉会では、「稽古のたびに道場使用料が必要」という状況が基本的にないため、会費以外の個人負担がありません。しかし、この千代町の稽古場所では稽古都度道場使用料が500円前後必要なことを、参加希望者にはご了承ください。(同じ日曜午前には中央区赤坂道場で鵬玉会稽古が行われています。こちらは鵬玉会会員は道場使用料負担がありません)



吉塚にある東公園には亀山上皇、日蓮上人の巨大な銅像がたっていて、福岡市民なら親しんでいますが、なぜここにこのお二人がたっているのかを説明するのは難しいかもしれません。

かつてここは、千代の松原の一部でした。
公園になったのは1873年(明治6年)の太政官布告に基づいて1876年。
福岡県内最初の県立公園です。
東松原公園という当初の名前を聞けば、白砂青松であったという景観も推測できます。

その海岸は、鎌倉時代末に元の大襲来があったところでした。
このときの元軍の大襲来がいかに衝撃的であったかは、「むごい」の語源が「蒙古」であることを考えても容易に推測できます。
「身を以って国難に代える祈願」を亀山上皇が行い、日蓮上人が元軍に対する勝利を願った、それを記念した銅像です。
宗教にかかわらず、亀山上皇や日蓮上人に親しみ、「にちれんさん」と呼ぶ福岡市民憩の場です。

その博多区千代の稽古場所は、福岡市博多区千代、呉服町、吉塚、東区馬出、箱崎等、 が近隣です。

福岡市民体育館 剣道場
福岡市博多区東公園8-2

Google map


■アクセス
福岡市民体育館 剣道場
博多区東公園8-2
(西鉄バス「千代町」下車徒歩4分
  地下鉄「千代県庁口」下車徒歩1分
  JR鹿児島本線「吉塚」下車徒歩10分)


※福岡支部入門・体験・見学希望者はフォームからお問合せ・お申し込みください。
   ;
毎日曜日 9:30~11:30


鵬玉会 天神道場はこちら / 鵬玉会 赤坂道場はこちら


サムライ体験の予約・入門・お問合せはこちらのフォームから >>>

またはメールでもお受けいたします>>>

鵬玉会の宗家紹介 無外流居合とは 鵬玉会とは 入門案内 夢録 メールマガジン メディアの方へ