入門案内
 検討する方へ  サムライ体験
   会員の声
 入門・問合せ
 無料カタログ請求
   
 
 
 
   
HOME > 鵬玉会 > 入門を検討する方へ > 稽古場所 > 福島県 白河稽古場所開設準備室

福島県 白河稽古場所 開設準備室

1)新選組一番隊組長沖田総司は白河藩
今では福島県の一部ですが、かつては会津藩と白河藩とは別でありました。
その白河は、今は白河市。
新選組副長助勤 一番隊組長沖田総司はこの奥州白河藩の出自です。
また、かつてこの奥州街道沿いの要地白河をめぐって会津兵と新選組を主力とする奥羽越列藩同盟側と新政府軍の間で激戦があったのが白河口の戦いです。

2)激戦区白河口 守ったのは無外流 斉藤一  
この白河口の戦いでは、新選組副長土方歳三が負傷により戦列を離れていたため、山口二郎という仮名で新選組副長助勤 三番隊組長 斎藤一が指揮をとり、激戦となりました。
 
文豪浅田次郎先生は、無外流の大先輩であるその斉藤一を描いた「一刀斎夢録」で、白河口の戦いを描き切っていらっしゃいます。
 
(やけくその死にぐるいではなく)わしには(奥州の関門たる白河で)戦わねばならぬたしかなわけがあった。

3)白河で2015年夏から稽古開始 
私たち鵬玉会は、無外流の大先輩である新選組副長助勤 三番隊組長 斎藤一に敬意を表し、この白河の地に2015年夏に稽古場所を開く予定です。
会員の指導とお世話を本部所属の小林秀幸さんにお任せしますが、会長武田鵬玉自身が毎月一でそこに通います。
そこで予約のお申込み、無料カタログ請求の受付を開始しました。
白河口でお会いしましょう。

福島県白河稽古場所


   

予約・入門・お問合せはこちらのフォームから >>>

またはメールでもお受けいたします>>>

   
責任者 武田鵬玉

サムライ体験の予約・入門・お問合せはこちらのフォームから >>>

またはメールでもお受けいたします>>>




迷うくらいなら、まず「無料体験(サムライ体験)」
「見学」をしてみましょう!

東京およそ100の稽古場所で稽古できる
財団法人無外流に参加しているため、
鵬玉会の会員になれば、東京であればおよそ100の稽古場所中
ご都合のよい稽古場所で稽古できます。
東京でなくても、近隣であればどこでも稽古可能です。
しかし、もし迷うならまずは無料「サムライ体験」をしてみましょう。

神田の道場でサムライ体験を
前述のように、東京100ヶ所の稽古場所で稽古はできますが、
武田鵬玉による通常稽古・無料体験稽古は以下の通りです。

予約の上、どうぞいらしてください。
鵬玉がご指導します。

刀はお貸しします
お持ちいただくのは稽古で動きやすい格好。
ジャージ等で構いません。
真剣ではないので斬れませんが、
初心者でも安心な、真剣にしか見えない模擬刀をお貸しします。
その手に握れば、模擬刀でも十分緊張感が走ります。

入門するかどうかはその後お考えください
その凛とした空気に一度馴染んでしまえば、「これをやってみたい」と思うでしょう。
もちろん、体験した後で入門するかどうかはご自分の判断でお決めいただいてかましません。
各自に合わせた内容で行います。
老若男女、武道経験を問いませんのでご安心ください。

(稽古衣2万円前後~、居合用模擬刀2万~6万円ですが、各種クレジットカードも使えるので安心です)
;刀はご希望の拵えや内容によってはさらに上級版もありますが一般的な価格はこの範囲です)


サムライ体験の予約・入門・お問合せはこちらのフォームから >>>

またはメールでもお受けいたします>>>

鵬玉会の宗家紹介 無外流居合とは 鵬玉会とは 入門案内 夢録 メールマガジン メディアの方へ