宗家紹介1 宗家紹介2 鵬玉会の宗家紹介 無外流居合とは 鵬玉会について 入門案内 夢録 メールマガジン メディアの方へ
鵬玉会
 宗家紹介
 会長紹介
 鵬玉会
   財団法人無外流
 
 
 
   
HOME > 鵬玉会 > 鵬玉会について


鵬玉会ヒストリーはこちらから>>>
 



▲試し斬り、組太刀、形。会長がすべてできるので、会全体でも徹底して稽古できます。
また、幕末の新選組 三番隊組長斎藤一が無外流だったため、天然理心流 九代目宗家をいただく
勇武館とは懇意にしていただいており、各地で一緒に演武をする機会をいただいています。



▲会長jは無外流の免許保持者です。

無外流を修めるその先に武士道がある

武道はあくまで個人のものです。
しかし、長くいろいろな武道団体や、いろいろな組織の活動を見ていると
その団体の考え方と合わない場合は、幸せな出会いではないように思います。

まずはミッションについてご説明します。




1) 鵬玉会のミッション

無外流居合の普及・指導活動を通じ、武士道の醸成に貢献する
ミッションとは存在意義です。
組織はミッションに沿った活動をします。
鵬玉会はミッションに沿って、無外流居合の普及・指導活動をします。


2) 鵬玉会のゴール(活動の柱)
(1) 技術指導
   ▲武士道 -サムライたちへ 
  無外流の深さ、おもしろさを理解し、会員に修めていただくために、その方にあった指導をします。
ご宗家に指導していただく機会を含め、会員であることのメリットを享受していただきます。
 
(2) 啓蒙
  武士道とは何かを考えられる機会、啓蒙のチャンスを増やし、そのことで無外流を修める道を手助けします。
  (3) 広報
  無外流居合を普及するために、広報活動をします。

以上3点を活動の柱とします。


3) 明思派が共有する理念と方針
下記は無外流明思派傘下団体が共有する理念と方針です。
鵬玉会もこの理念と方針を共有するものとします。
理念
1 鵬玉会は我国の伝統文化を継承し、且つ人間形成の上で一翼を担い、社会的に地域の安全と平和に寄与することを目的とする。
2 鵬玉会は人種・国籍・宗教・思想・信条および各種武術の流派を問わず、全てに門戸を開き、教授することを目的とする。

方針
無外流居合兵道を基とし、弛(たゆ)まぬ日頃の稽古で技量の向上を目指すと共に、「術」の中に「道」を見い出し、常に心を練磨し、かつ他者の良きところを認め、己の人間形成に役立つことを目的とし、方針とする。

心得
1 鵬玉会は無外流居合兵道の会である。常に対敵動作を意識し斬れる居合であれ。
2 稽古で汗を流し技量を上げよ。
身は小なりとも、気宇壮大であれ。  
心は常に「静」、そして丸くあれ。 
心こそ、心迷わす心なれ 心に心、心許すな。 

道場訓
1 男女共に義(ただ)しき人であれ。
2 恩を受けたらいつまでも忘れるな。
情をかけたらすぐに忘れろ。
男は心身共に強くなれ。
女は心身共に美しくなれ。
 
 
無外流居合 鵬玉会には毎年テーマを設定します。
2017年のテーマは
「清風払名月(せいふうめいげつをはらう)」
私たちは、志ある人に武道の魅力を伝える清風となります。



次ページ.>>> 稽古内容について

無料カタログ・無料体験のお申込みはこちらから


Copyright(c) 2017 東京・関東150箇所/栃木・宇都宮長野・上田京都・東山・山科福岡 天神・千代町・室見熊本 近見・大津

無外流居合 鵬玉会 All rights reserved.